Kamei Rosanjin

ギャンブルマーケティング

ソーシャルメディア・マーケティングとギャンブル

20世紀前半に、ギャンブルが衰退した理由の一つは、プロモーション不足でした。しかし、厳しい時代が終わるとすぐに、カジノは幸先よく復活し始めました。数多くのギャンブル映画が成功したことにより、ギャンブルに対するイメージが変わりました。さらに、インターネットのおかげで、今日のカジノは、好印象が持たれています。ギャンブルのプロモーションが行われたことで、ギャンブルに対する良いイメージが維持されています。ソーシャルメディア上で、適切な広告を出すことで、特定の人々にアプローチし、ターゲットを絞ったプロモーションが可能となっています。 なぜソーシャルメディア? ソーシャルメディアは、ユーザーの関心を引き付けるには最もふさわしいツールです。他の方法では、アプローチしがたい相手にも、ソーシャルメディアなら、簡単にアプローチできます。しかし、ソーシャルメディアのプラットフォーム上で、ギャンブルサイトを宣伝するのは簡単ではありません。というのも、様々なウェブサイトでは、ギャンブルに関する規制が設けられているからです。これらの規制は、各企業が従うように作られています。規制を遵守している限りは、プロモーションが可能です。 メッセージ: プロモーションに関する十分な知識がない場合は、プロモーションをしてはなりません。まずは、プロジェクトの要件をよく理解しておくのと同時に、ソーシャルメディア・マーケティングの意味合いについても理解しておきましょう。情報のひねりが、ビジネスを後押しすることもあります。まず何よりも大切なのは、伝えたいメッセージです。ユーザーの獲得にフォーカスしすぎると、どんなに魅力的なボーナス特典を提供したとしても、結局は、一時的なユーザーで終わってしまうかもしれません。ですので、長期的な顧客ユーザーを獲得することに、フォーカスしなければいけません。これは、どんなビジネスにおいても役立つことです。多くのギャンブル事業者がよくやってしまうミスの一つは、ギャンブルゲームの広告を多用してしまうことです。これは、間違った方法です。実店舗のカジノであれば、カジノの写真や動画をアップロードするようにしてください。ゲームのグラフィックは、最小限にとどめておきましょう。 オンライン: オンラインカジノの場合、インフルエンサーを雇って、広告をよりクリエイティブにすることができます。オリジナリティのあるアイデアを自由に表現しましょう。すでにプラットフォーム上でプレイしたことのあるギャンブラーを取り上げて、その人の個人的な感想や体験談を広告にすることもできます。このアプローチ方法は、顧客との関係性づくりに役立ちます。 まとめ: プロモーションでは、すべきことがたくさんあります。ソーシャルメディア・マーケティングに関連したプロモーションを行えば、業界のイメージを広めるのに役立ちます。しかし、それだけでは十分ではありません。Googleの適切な広告の方が、はるかに優れています。なぜなら、ギャンブルに関する規制などの支障なしに、ターゲットとするユーザーにアプローチできるからです。しかし、他にも、カジノ人気を生み出す広告の形態はあります。それをソーシャルメディア・マーケティングに導入し、さらに多くのユーザーを獲得することもできます。綿密な調査および広告さえ行えば、最終的に満足できる結果が必ず得られるでしょう。